電子ピアノの比較・おすすめ紹介 ~私が実際に弾いてみた感想・各サイトレビュー、Youtube演奏動画などの紹介
トップ > スポンサー広告 > 電子ピアノとキーボードの違いトップ > 電子ピアノについて > 電子ピアノとキーボードの違い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

電子ピアノとキーボードの違い

結論から言うと、俗に言うキーボードというものは買わない方がいいです。

※ここでいうキーボードとは、CASIOなどから発売されている「光る鍵盤」などを搭載しているものです。


何はともあれ、電子ピアノとキーボードの違いを説明します。


まず電子ピアノは、ピアノの練習するためや、将来的に生のピアノを弾く機会のある人にはぜひおすすめしたいものです。

それらは、生のピアノのタッチや音色にできるだけ近づけようとして作られています。



一方、キーボードは言ってしまえばおもちゃです。

まず多くのものは生ピアノと比べものにならないほどタッチが軽くスカスカで、それで練習してもほとんどピアノの練習にはなりません。



さらに鍵盤数が足りないものも多く(ピアノの鍵盤は88つです)、ピアノの楽譜などを買っても弾けないこともあるかもしれません。



ピアノの練習をしたい!という理由でキーボードを買ってはいけません。


今は3万円台でも良い電子ピアノが売っています。


高価なキーボードを買うことなく、ぜひ電子ピアノを選ぶようにしましょう。






関連記事
[ 2011/11/06 20:06 ] 電子ピアノについて | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。