電子ピアノの比較・おすすめ紹介 ~私が実際に弾いてみた感想・各サイトレビュー、Youtube演奏動画などの紹介
トップ > スポンサー広告 > 各社電子ピアノの鍵盤比較・タッチの違いトップ > 各社 鍵盤の比較 > 各社電子ピアノの鍵盤比較・タッチの違い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

各社電子ピアノの鍵盤比較・タッチの違い

各社(YAMAHA KORG Roland CASIO KAWAI)電子ピアノの鍵盤を比較して紹介します。


YAMAHA

GHS(グレードハンマースタンダード)鍵盤
 GH鍵盤の廉価番と言えるでしょう。しかし軽量化がされているので、持ち運びなどの際には非常に便利だと思います。

GH鍵盤
 低音は重い感じ、高音は軽い感じに仕上げられている、ヤマハの標準の鍵盤モデルです。

GH3鍵盤
 ヤマハオリジナルの、「ダンパーセンサー」を搭載しており、とぎれることなく連打ができます。
 また象牙調仕上げなので、すべりにくくしっかりとしたタッチで弾けるでしょう。



KORG

・RH3(リアルウェイテッド・ハンマーアクション3)鍵盤
 YAMAHAのGH鍵盤と同じように、低音は重く、高音は軽くなるように作られています。
 グランドピアノの、指に吸い付くような鍵盤の戻りを再現しています。



Roland

PHA(プログレッシブハンマーアクション)鍵盤
 連打や、ピアニシモで弾いた際のタッチの再現を追求しています。
 そっと弾くと軽く、強く弾くとしっかりした打鍵感が得られます。

PHAⅡα(アイボリー・フィール)鍵盤
 PHA鍵盤を軽量化し、さらに強く弾いた際のしっかりした打鍵感を高めたもの。
 そのため表現がいっそう付けやすくなっています。

PHAⅢ鍵盤
 連打性と表現力がさらに向上し、よりリアルな演奏をすることができます。
 Roland最高峰の鍵盤です。



CASIO

ナチュラルスケーリングハンマーアクション鍵盤
 低音は重く、高音は軽く、を再現しています。また、バネは使っていません。



KAWAI(カワイ)

RM3グランド
 白鍵は象牙調の素材を使用しており、吸湿性に優れリアルなタッチになっています。
 また黒鍵は支点までの距離を長くすることで、自然な打鍵感を得られるようになっています。


[ 2011/11/13 00:09 ] 各社 鍵盤の比較 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。